SOSの猿

評価:
伊坂 幸太郎
中央公論新社
¥ 1,575
(2009-11-26)
コメント:おもしろかった。直感、無意識、悪魔祓いなど、新鮮な感じはした。 いつもの伊坂さんぽくはなかったけど。

SOSの猿読み終わった。

悪魔祓い、潜在意識、健在意識、
直感、ユングについてなど私には興味深いワードがたくさんあった。

孫悟空はあんまり好きじゃないけど。
すべてつながるところは伊坂ワールドだけど、
ちょっといつもの伊坂さんらしくなかった。

登場人物はそれぞれいつものように、個性あるキャラで
魅力的なんだけど、五十嵐さんの漫画とコラボ?なせいか、
ちょっと違う感じ。

二人の目線で交代でかかれているところがますます村上春樹っぽくなってる。

暴力は悪いものなのか?

やっぱり悪いと私は思うよ。
そして、感受性豊かで、すぐに行動にうつせなかったけど、
どうにかしたかった引きこもり少年についてはいい感じ。

でも、いつものつながっておわった爽快感はいまいち。
新聞連載作品っていうのとコラボっていう枠があるからかな。

やっぱり初期の重力ピエロやオーデュポンが好き。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

ルナのつぶやき

タロット占い

キラキラ星

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM